東芝キヤリア株式会社

2日目のお風呂でも清潔に保つ銀イオンの湯

銀イオンが細菌の増殖を抑え、キレイなお湯をキープします。

お風呂もキレイ 残り湯もムダなし 配管もキレイ

お風呂もキレイ

「銀イオンの湯」で清潔なお湯をキープ

一般的に銀の原子が、電荷を持ち活性化したものを銀イオンと言います。銀イオンは、細菌の細胞に吸着し、増殖を抑えるため、高い除菌・防臭※1 効果を発揮します。毎日使うものに清潔性や快適性、安全性を求める声がより高まるなか、銀イオンの利用はその除菌・防臭の効果から広く期待されています。

イメージ図

銀イオンによる菌の抑制効果

銀イオンによる菌の抑制効果

[分析依頼先](一財)北里環境科学センター
[試験方法]菌15万個を含んだ試験液1mLに銀イオンを付加した場合と付加しなかった場合で、試験液中の菌数を測定した。
[試験結果]報告書番号:北生発21_0163_2
上記試験において銀イオン濃度0.01mg/Lで、6時間後に菌を99.0%以上抑制。銀イオン濃度0.05mg/Lで、30分後に菌を99.0%以上抑制。

銀イオンでキレイなお風呂

【当社試験条件】※3人家族で、銀イオン付き機種の「多め」設定となし機種との比較。
銀イオンあり機種の場合:260CFU/mL 銀イオンなし機種の場合:430,000CFU/mL

生活スタイルで選べる銀イオンの湯

台所リモコンで銀イオン量を選択
  • 標準

    一般的な4人家族で3時間程度、入浴される方にオススメです。銀イオン発生ユニットの交換の
    目安は約10年です。※2
    ※2 工場出荷時の設定です

  • 少なめ

    入浴人数が少なかったり、入浴時間が短いお客様にオススメです。銀イオン発生ユニットの交換時期をより長くできます。

  • 多め

    夏場や入浴人数が多い時に最適。また、標準設定をご使用いただいて、臭い・ヌメリが気になるお客様にオススメです。

※銀イオンの湯を使用しない場合は、「なし」設定にすることもできます。

残り湯もムダなし

2日目の残り湯を利用しても銀イオンで清潔なお風呂

2日目は、銀イオンを調整し、高温で湯はりします。

※42℃・200L設定で湯はりし、24時間後、水温24℃の状態で追いだきした場合と100L残して節水湯はりした場合の比較。 浴槽内の一般細菌数、追いだき:1,000,000CFU/mL、節水湯はり:46CFU/mL。

残り湯リサイクルの効果例

残り湯リサイクルの効果例

●高断熱浴槽を使用し、湯はり量設定200L、温度42℃設定で湯はり。
 2日に1度、半分排水して湯はりし、毎日洗濯水として40L使用した場合

  • 【試算条件】
  • ※水道料金は全国水道料金表DB 4人家族約25m³/月、全国平均8,000円/月で、電気料金は東京電力おトクな
     ナイト8夜間時間帯で算出(平成29年8月現在)
  • ※「総量削減義務と排出量取引制度におけるその他ガス排出量算定ガイドライン」(平成21年、東京都環境局)
     1m³当たりCO₂ 200g
  • ※東芝全自動洗濯機AW-60DF 洗い水量40L/回の場合

配管も清潔

お手入れがしにくい配管も、銀イオンで清潔に保つ

お手入れがしにくい配管も、銀イオンで清潔に保つ

銀イオンによる配管の菌の抑制効果

銀イオンによる配管の菌の抑制効果

※1 臭いやヌメリの軽減効果は、水質やお湯の使用状況により変わります。詳しくは家庭用エコキュートESTIAカタログ P43・44「銀イオンQ&A」および「銀イオンについてのお願い」をご覧ください。 ※2 1日1回180Lの湯はりを想定した場合。水質の状態、湯はり回数、たし湯の回数など使用状況によって設計寿命よりも早く消耗する場合があります。〈参考〉銀イオンの寿命は標準で約10年です。 ※3 東芝全自動洗濯機AW-60DF 洗い水量40L/回の場合 ※4 「総量削減義務と排出量取引制度におけるその他ガス排出量算定ガイドライン」(平成21年、東京都環境局) 1㎥当たりCO₂200g ※5 全国水道料金表DB 4人家族約25㎥/月 全国平均8,000円/月で算出(平成29年8月現在) ■銀イオン発生ユニットの交換はお客様自身では行わないでください。必ずお求めの販売店・据付工事店または「東芝電気給湯機ご相談センター」にご依頼ください。有料で交換いたします。

【ご注意とお願い】
●銀イオンの効果は浴槽のお湯を清潔に保つ機能であり、浴槽に付着した皮脂等の汚れを除去する効果はありません。
●浴槽は適宜お掃除をしてお使いください。

ご使用上のご注意
銀イオンが光と反応し、浴槽の変色の原因になることがあります。
詳しくは「銀イオンQ&A」をご覧ください。
このページのTOPへ