ご使用のブラウザがJavaScriptの設定を無効、またはサポートしていない場合は正常に動作しないことがあります。

東芝キヤリア株式会社

環境調和型製品の紹介

東芝キヤリアグループでは、豊かな価値の創造と環境負荷の低減を目指して製品開発を行っています。そして東芝グループの方針に従い、PVC材を削減しています。 数ある環境調和型製品のうち、代表的なものをご紹介します。なお、記載内容は各製品の開発時点での内容を示しています。

産業用機器

ユニバーサルスマートX EDGE32

ファクター2.05 (2020/2006)

  • 価値ファクター:1.80
  • ●EDGEフォルムの継承で省スペースかつ大能力
  • ●MC※1別電源化でリスク分散性がさらに向上
  • ●力率99%で電源設備容量の低減化を実現
  • ※1 MC:モジュールコントローラ
  • 環境影響低減ファクター:1.14
  • ●従来比7%のCOP※2上昇で省エネ性が向上
  • ●低GWP※3冷媒R32の採用で環境負荷を低減
  • ※2 COP:エネルギー消費効率
  • ※3 GWP:地球温暖化係数

価値チャートと環境影響チャート(PDF:475KB)

■年間CO2排出量比較年間CO2排出量比較グラフと製品画像

その他のユニバーサルスマートXシリーズ

シングルエース(8HP,10HP)

ファクター:4.09 (2015/2000)

  • 価値ファクター:3.44
  • ●室内外機一体形で屋内スペース有効活用
  • ●室内外機一体形でメンテナンス性向上
  • ●新鮮外気導入
  • 環境影響低減ファクター:1.19
  • ●省エネ性向上 期間消費電力量を20%削減
  • ●再生プラスチックの採用

価値チャートと環境影響チャート(PDF:79.1KB)

 

■年間CO2排出量比較

年間CO2排出量比較グラフと製品画像

スポット・ゾーン空調システム(FLEXAIR2)

ファクター1.57 (2020/2018)

  • 価値ファクター:1.48
  • ●5段階の風量切換が可能
  • ●吹出温度制御が可能
  • ●オートスイング機能を実現※1
  • ※1 オートフラップタイプのみ
  • 環境影響低減ファクター:1.06
  • ●吹出温度制御により消費電力63%低減
  • ●徹底的な軽量化により製品質量32%低減※2
  • ●軽量・コンパクトな横吹室外ユニットを追加
  • ※2 オートフラップタイプの低減率

価値チャートと環境影響チャート(PDF:307KB)

 

■年間CO2排出量比較

年間CO2排出量比較グラフと製品画像

 

循環加温ヒートポンプ CAONS700

ファクター4.31 (2012/2000)

  • 価値ファクター:2.87
  • ●最高温度90℃の高温出湯に対応
  • ●デフロスト運転による安定した温水供給
  • ●ポンプキットにより一過式の運転にも対応
  • 環境影響低減ファクター:1.51
  • ●省エネ性向上 加熱COP3.6を達成
  • ●分散設置により配管の搬送熱ロスを排除
  • ●再生プラスチックの採用
  • ※ COP:エネルギー消費効率

価値チャートと環境影響チャート(PDF:121KB)
搭載コンプレッサー(A4DCインバーターロータリーコンプレッサー)

■年間CO2排出量比較

年間CO2排出量比較グラフと製品画像

その他の循環加温ヒートポンプ(CAONS)シリーズ

熱回収型ヒートポンプ CAONS

ファクター4.02 (2014/2000)

  • 価値ファクター:2.63
  • ●最高温度85℃の高温出湯に対応
  • ●小型モジュール構造で必要能力に柔軟に対応
  • ●温水供給、冷水供給の2つの使い方に対応
  • 環境影響低減ファクター:1.53
  • ●温水排熱などの低温帯熱の回収・活用
  • ●省エネ性向上 加熱COP※13.9を達成
  • ●塗装レスによりVOC※2などを削減
  • ※1 COP:エネルギー消費効率
  • ※2 VOC:揮発性有機化合物

価値チャートと環境影響チャート(PDF:77.6KB)

■年間CO2排出量比較

年間CO2排出量比較グラフと製品画像

お問い合わせ

このページのトップへ