設備用パッケージエアコン 2020年6月
66/140

65仕様表:専用冷房天井埋込ダクト形(8~10馬力)標準風量モデル横吹薄型室外ユニット8・10馬力天井埋込ダクト形8・10馬力外気処理エアコン仕様■外形図ーP114・115 ■特注対応ーP127 ■別売部品ーP133 をご参照ください。天井埋込ダクト形室内ユニット室外ユニット定格冷房標準能力塗装色外形寸法製品質量電源運転電流定格標準消費電力力率始動電流冷媒制御方式送風機台数標準電動機標準回転数定格風量定格機外静圧定格風量時最大機外静圧(電動機)風量範囲エアフィルター運転調整装置ドレン口径定格騒音(音響パワーレベル)運転音(音圧レベル)塗装色外形寸法製品質量電源運転電流定格冷房標準消費電力力率始動電流形式電動機始動方式ケースヒーターアキュムレータヒーター冷媒制御方式送風機基準風量電動機種類出荷時封入量定格騒音(音響パワーレベル)運転音(音圧レベル)容量制御室外乾球温度相対湿度ガス側口径液側口径  最大実長  高低差法定冷凍能力高圧ガス保安法手続区分(注1)(kW)H×W×D(mm)(kg)(注2)(A)(kW)(%)(A)(kW)(rpm)(m3/min)(Pa)(Pa)(kW)(m3/min)(A)(注3)(dB(A))(注4)(dB(A))H×W×D(mm)(kg)(注2)(A)(kW)(%)(A)(kW)(W)(W)(m3/min)(kW)(注5)(kg)(注3)(dB(A))(注4)(dB(A))(℃)(%)(注7)(mm)(注8)(mm)(m)(m)(トン)室  内  ユ  ニ  ッ  ト形名外観電気特性送 風 装 置室  外  ユ  ニ  ッ  ト冷媒配管使用範囲送風装置冷媒電気特性冷房圧 縮 機外観騒音値騒音値冷房配管長さ(注1)(注6)(HP)相当馬力8AP2242UHFAP2247S22.4(22.4)490×1120×11501252.57/2.100.28/0.3131/4327.3/23.810.75(4P)725/87528105/160448(0.75)22~31PT25Aオネジ67/6947/491550×1010×37014117.9/17.95.70/5.7092/924.74 152.5 0.2+0.25.9076/7658/5820~43(32℃WB以下)30~9025.4 9.5 100303.15/3.1510AP2802UHFAP2807S28.0(28.0)490×1120×11501252.69/2.350.38/0.4541/5527.3/23.810.75(4P)816/98435118/197446(0.75)25~39PT25Aオネジ69/7148/501550×1010×37014125.9/25.98.42/8.4394/947.16 181.5 0.2+0.25.9078/7861/6120~43(32℃WB以下)30~9025.4 12.7 100303.70/3.708AP2242UHNFAP2247S22.4(22.4)490×1120×11501050.90/0.900.25/0.2580/80-20.75(4P)841/84128105/105512(0.75)22~31PT25Aオネジ66/6646/461550×1010×37014117.9/17.95.69/5.6992/924.74 152.5 0.2+0.25.9076/7658/5820~43(32℃WB以下)30~9025.4 9.5 100303.15/3.1510AP2802UHNFAP2807S28.0(28.0)490×1120×11501051.12/1.120.31/0.3180/8027.3/23.820.75(4P)899/89935118/118500(0.75)25~39PT25Aオネジ69/6947/471550×1010×37014125.8/25.88.40/8.4094/947.16 181.5 0.2+0.25.9078/7861/6120~43(32℃WB以下)30~9025.4 12.7100303.70/3.70無塗装(亜鉛メッキ鋼板)三相 200V 50/60Hz-シロッコファン(ベルト駆動)-吹出温度センサー、リモコン(別売品)、表示灯シルキーシェード(マンセル1Y8.5/0.5)三相 200V 50/60Hz-全密閉ロ-タリー式インバ-ター--電子制御弁プロペラファン(直結駆動)R410Aインバーター制御不要RDA-ROP-室外ユニット(注1) 冷房性能及び電気特性は、JRA4074で規定された項目です。室内側入口空気温度33℃DB/28℃WB、外気温度33℃DB、冷媒配管実長7.5m、室内外ユニット高低差0m ( )内は最大能力を示します。(注2) 室内ユニット・室外ユニットは別々の電源が必要です。電圧変動があった場合でも、±10%を超えないようにしてください。 (注3) 定格騒音(音響パワーレベル)はJRA4002:2013Rに準拠した値です。 (注4) 騒音値は反射音の少ない場所で測定したものです。実際の据付状態では周囲の騒音や反射の影響を受け、表示値より大きくなります。 (注5) 配管長が30mを超える場合は1mあたり40gの追加充填が必要です。 (注6) R410A仕様のエアコンは圧力が高いため、2種又は3種の銅管を使用してください。(注7) 1/2H材、肉厚1.0㎜以上の銅管を使用した場合のサイズです。(注8) O材、肉厚0.8㎜以上の銅管を使用した場合のサイズです。

元のページ  ../index.html#66

このブックを見る