ご使用のブラウザがJavaScriptの設定を無効、またはサポートしていない場合は正常に動作しないことがあります。

東芝キヤリア株式会社

長期使用製品安全表示制度のよくあるご質問

長期使用製品安全表示制度とは何なのか?

消費生活用製品安全法の改定に合わせ、長期使用の家電製品5品目を電気用品安全法の技術基準に指定して、新たに長期使用に関する表示を行う制度で、平成21年4月1日から施行されます。具体的には、経済産業省ホームページの製品安全のページに法改正の目的と概要、ガイドラインなどが紹介されています。一般家庭用で使用されるエアコン、扇風機、換気扇、洗濯乾燥機を除く洗濯機、ブラウン管テレビの5品目が指定されています。お客様には製造年、標準的な使用期間(設計上の標準使用期間)、長年ご使用の場合の注意事項をお知らせするものです。


対象製品は何なのか?

一般家庭用で使用されるエアコン、扇風機、換気扇、洗濯乾燥機を除く洗濯機、ブラウン管テレビの5品目です。


どこが変ることとなるのか?

製品に次の事項を表示するよう定められました。「製造年」に加えて、

  1. 設計上の標準使用期間(標準的な使用条件を定めて、この条件で何年使う製品であるか法に従って定めて表示するものです)
  2. 設計上の標準使用期間を超えて使用した場合、発火・けがの恐れがあることの表示


設計上の標準使用期間とはどのような意味なのか?

設計上の標準使用期間とは、標準的な使用条件のもとで使用した場合に安全上支障なく使用することが出来る期間です。その経過後には、経年劣化による危害の発生を防止するために、長期使用の場合のチェック項目に注意してお使いいただくために、法に基づく表示をするものです。


「設計上の標準使用期間」を設定した理由は何なのか?

家電製品の長期使用での経年劣化に係る重大事故発生の防止のために、標準的な使用条件の下で製品を使用した場合に安全上支障なく使用することができる標準的な期間を設定することになったものです。


「設計上の標準使用期間」はどの時点からの年数なのか?

製造された年からの年数となります。


あまり使用していないので「設計上の標準使用期間」年数は延びるのか?

設計上の標準使用期間は、標準的な使用状況での目安の期間となります。使用時間が長い場合は、設計上の標準使用期間以内でも、時折製品の異常が無いかご確認をお願いします。経年劣化予見の一般的な注意事項をホームページ等に掲載していますので、設計上の標準使用期間(年数)を目安に確認ください。また、周囲環境により運転していなくても劣化が進行する部品もありますので、使用時間が短い場合でも、設計上の標準使用期間以降は、長期使用の場合のチェック項目に注意してお使いいただき、異常があった場合にはすぐに使用中止して、ご販売店様又は当社にご相談いただきますようお願いいたします。


設計上の標準使用期間内に故障した場合はどうなるのか?

無償保障期間を過ぎてからの故障は、有償での修理となります。


設計上の標準使用期間を超えた物はどうすれば良いのか?

「設計上の標準使用期間」を過ぎると、事故に至る可能性があるので、定期的に製品の異常の有無を確認して頂きながらご使用ください。


環境条件とは何なのか?

冷暖房を支障なく行えるJISで定められた温湿度条件です。


なぜ、環境条件はJISの標準条件なのか?

お部屋の広さに見合った能力のエアコンを選定する基礎的な値であるためです。


経年劣化とは何なのか?

「長期間の使用に伴い生ずる劣化」のことで、設計・製造上の瑕疵がないにもかかわらず生ずるものです。この経年劣化により安全上の支障が生じる場合があります。


どのような根拠で年間使用時間を決めたのか?

APFの18時間/日は、生活時間をベースとしており、起きている間中運転する考えをとっています。標準的な使用時間は、調査データから冷房9時間、暖房7時間を設定しました。(調査データ:三菱総研2008年実施)


環境によって寿命が変わるとはなにか?具体的に教えて欲しい

構造物ですと据付場所(温泉地など)によるさびや腐食による影響があります。また、海岸に近いところでは塩分によりアルミフィン、電装品等に影響を与えます。


輸出しているモデルも同じ表示をするのか?

輸出モデルへの表示はありません。


10年前の製品だけど、チラシの内容に当てはまる項目が無かったら安全・安心なのか?

確認頂いて、特に問題がなければ大丈夫と考えていますが、使用途中での劣化もあり得ますので、時々のご確認をお願いします。 (設計上の標準使用期間を大きく超える場合には、「安心のため買い替えをご検討下さい。」)


点検時期が近づくと、特定保守製品は連絡がくるが、エアコンは連絡がないのか?

点検の連絡は、有料点検が所有者の責務とされている特定保守製品に定められています。エアコンの場合はこの制度ではありませんので、連絡は行っておりません。


お問い合わせ

このページのトップへ