ご使用のブラウザがJavaScriptの設定を無効、またはサポートしていない場合は正常に動作しないことがあります。

東芝キヤリア株式会社

プレスリリース

空冷ヒートポンプ式熱源機「ユニバーサルスマートX 3シリーズ」の発売について

-業界トップ注1のIPLV 7.0注2達成、更なる進化を遂げた省エネ新モデル-

2015年01月27日

東芝キヤリア株式会社

 東芝キヤリア株式会社(取締役社長:近藤弘和、所在地:神奈川県川崎市)は、空冷ヒートポンプ式熱源機(空冷式チラー)では業界トップの「IPLV7.0」を達成した機種をはじめとした新モデル「ユニバーサルスマートX 3シリーズ」を2015年3月31日より発売する予定です。
ビルや工場の空調用から生産プロセスの冷却・加熱用といった、様々な冷温熱負荷や用途にスマートにフィットし、2010年の発売開始以来、お客様から高い評価をいただき、業界をリードしてきた空冷ヒートポンプ式熱源機「ユニバーサルスマートX(エックス)」が、業界トップクラスの性能に一段と磨きをかけ、更なる進化を遂げました。
 
 本シリーズでは、インバータツインロータリー圧縮機の効率改善などにより、従来シリーズから業界トップクラスであった省エネ性能を更に向上させ、「IPLV 7.0」という高い期間成績係数を実現しました。これは、全負荷運転時だけでなく、中・低負荷での部分負荷運転時にも高い冷却運転効率を発揮できることを示す値で、お客様の様々な用途とそれに伴う多様な冷温熱負荷にスマートにフィットできることを表しています。
加えて、(1)搬送動力の低減に貢献する変流量システム対応力、(2)運転停止リスクの分散等に有効な「モジュールinモジュール」設計注3による冷凍サイクル構成、(3)広い範囲で安定した高効率運転を可能とする圧縮機制御方式など、従来シリーズからの優れた特長(強み)はそのままに、本シリーズでは新たに、「高調波電流の発生を抑制する機能」を標準搭載し、力率も99%に改善しました。これにより、インバータ熱源機導入に際しての高調波抑制対策や電源設備の増強などを抑えることができ、様々な現場で、より安心して熱源システムのインバータ化による省エネを推進いただけます。従来シリーズと比べ、電源トランス容量をサイズダウンすることが可能で、配線、スイッチやユニット本体以外の周辺設備工事等のコストアップを抑えることもできます。

 予定する標準価格(代表機種:インバータポンプ内蔵・ヒートポンプ・200V仕様)は、次表のとおりです。本シリーズ全体で年間3,000台以上の販売を目指します。


01
 

  • 各基本モジュール1台の標準価格(消費税等を除く)。なお、1システム(モジュール1~16台で構成される)の中にはシステム全体を制御する「モジュールコントローラ」を内蔵したモジュールが1台必要です。上記の標準価格には、当該モジュールコントローラの価格(500,000円)は含まれていません。

ユニバーサルスマートX 「3シリーズ」の新しい特長

1.業界トップの省エネ性能 期間成績係数IPLV 7.0を達成
搭載するインバータツインロータリー圧縮機について、モーターの高巻線化、内部部品や構造の最適化による圧力損失低減などで効率改善を図り、空冷ヒートポンプ式熱源機で、業界トップの「IPLV 7.0(30馬力高COPタイプ)」を達成しました。年間消費電力量は、当社15年前の機種注4と比較した場合、4割近く低減注5することができます。

2.業界で初めて注6PWMコンバータを標準搭載した高調波対策不要のインバータ熱源機
インバータ熱源機の導入に際しては、高調波電流の発生を抑制するため、多くのケースで熱源機本体へ対策部品を追加するなどの改装が行われています。本シリーズは、従来方式よりさらに高調波抑制性能の高いPWMコンバータを、業界で初めて圧縮機のインバータ制御回路に標準搭載しました。これにより、導入にあたって高調波の抑制対策を心配する必要はありません。

3.力率99%と省電源設計の実現
PWMコンバータがもたらす高調波抑制機能によって、電圧波形と電流波形の崩れを補正し、力率の改善を図りました。本シリーズでは全機種とも力率99%を実現し、電流値低減のメリットを生み出すことができました。従来シリーズと比べ、電源トランス容量 [kVA]を最大27%のサイズダウンをすることができ、また、電源配線やスイッチ、ヒューズなどのサイズダウンも可能となります。

  • 注1:2015年1月現在。空冷ヒートポンプ式熱源機(空冷式チラー)において。当社調べによる。
  • 注2:IPLV (Integrated Part Load Value)は、JRA4062:2010「空調用熱源機の期間成績係数算出基準」に基づいて試算した期間成績係数。部分負荷特性を加味した冷却運転時の値で、この値が大きいほど運転効率が高いことを示す。
  • 注3:1台のモジュールが4つの独立した冷媒回路で構成されており、一つの回路が停止またはデフロスト運転を行っても、他の回路が高出力運転を行うため、リスク分散及び能力(水温)安定化のメリットがある。
  • 注4:空冷ヒートポンプ式スクリューチラー RUA-SA35501H-A(120馬力相当)×3台のシステム。これを「ユニバーサルスマートX」RUA-SP243HN12(30馬力相当モジュール12台連結のシステム)と比較した。
  • 注5:試算条件は東京の事務所ビルを想定し、以下のとおり。
    冷房期間: 4~10月、冷却ピーク負荷: 1,020kW
    暖房期間: 11~3月、加熱ピーク負荷: 668kW
    運転時間: 247日/年、14時間/日
    試算結果(消費電力量)
    RUA-SA35501H-A×3台 の場合:480,209kWh/年
    RUA-SP243HN12の場合:296,802kWh/年(2015年1月現在の暫定仕様値に基いて算出)
  • 注6:2015年1月現在。熱源機(チラー全般)において。当社調べによる。

環境への取り組みについて

【東芝グループ環境基本方針】
東芝グループは、「“かけがえのない地球環境"を、健全な状態で次世代に引き継いでいくことは、現存する人間の基本的責務」との認識に立って、東芝グループ環境ビジョンのもと、豊かな価値の創造と地球との共生を図ります。低炭素社会、循環型社会、自然共生社会をめざした環境活動により、持続可能な社会の実現に貢献します。 

【お問い合わせ先】

本資料についてのお問い合わせ先
広報室 TEL:044-331-7401

お客様からの商品に対するお問い合わせ先
商品企画部 熱源企画担当 TEL:044-331-7414

【添付資料】
ユニバーサルスマートX 「3シリーズ」の新しい特長(補足)

PWMコンバータによる高調波抑制機能の標準装備

02
03
 
 

外観(8台連続設置イメージ)

04
製品画像ダウンロード (ZIP:5.06MB)

基本モジュール仕様表


05
 
プレスリリース記載の情報(商品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
以上

  • ※1:冷却能力:冷水入口/出口温度:14℃/7℃、 室外吸込空気温度35℃DB
    高COPタイプは外気温度30℃以上(現地設定可能)で空気熱交換器に散水します。
  • ※2:加熱能力:温水入口/出口温度:38℃/45℃、 室外吸込空気温度7℃DB,6℃WB
  • ※3:法定冷凍能力が20トン未満のため、設置の際に都道府県知事へ届出、及び冷凍保安責任者選任は不要です。
  • ※4:【この仕様は2015年1月現在の暫定値です。改良のため予告なしに変更することがあります。】

プレスリリース記載の情報(商品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

このページのトップへ