ご使用のブラウザがJavaScriptの設定を無効、またはサポートしていない場合は正常に動作しないことがあります。

東芝キヤリア株式会社

プレスリリース

空気熱源循環加温ヒートポンプ「CAONS140L」の開発・発売について

~工場などでの温水熱源のヒートポンプ化をさらに推進~

2016年10月24日

東芝キヤリア株式会社
中部電力株式会社
関西電力株式会社

 東芝キヤリア株式会社と中部電力株式会社、関西電力株式会社は、60℃前後の温熱利用に特化することで、従来機※1よりも導入費用を低減した空気熱源循環加温ヒートポンプ「CAONS140L(カオンズ140エル)」※2(加熱能力14kW)を共同開発しましたので、お知らせします。本機は、東芝キヤリア株式会社より本年12月に発売します。

 工場の製造工程では、さまざまな加温処理でボイラや電気ヒータが数多く用いられていますが、最近はヒートポンプも用いられるようになっており、東芝キヤリア株式会社が販売している従来機(温水取出し範囲50~90℃)の採用も徐々に増加しています。特に、素材や部品の洗浄、脱脂など、60℃前後に温水や処理液を加熱して用いる工程では、運転効率の高いヒートポンプ導入による省エネ効果が注目されており、そのような工程でヒートポンプを検討しているお客さまからは、「導入費用を抑えたい」「さらに低い外気温でも使用したい」というご要望をいただいていました。

 そこで、開発機「CAONS140L」では、ご要望の多い60℃前後の温熱利用を主ターゲットとし、新たな使用範囲にも対応するとともに、コンパクト水熱交換器の採用と冷凍サイクルの最適化により、ヒートポンプ機本体を軽量・一体構造化することで、導入費用の低減を可能にしました。

開発機「CAONS140L」の特長

1. 本体価格を25%下げ、導入費用の負担も軽減
 従来機で2つの設備に分離されていたヒートポンプ機本体を、軽量化しながら一体構造化。従来機に比べ本体価格を25%下げるとともに、設置もしやすくなり、工事費も含めた導入費用を低減※3

2. 温水取出し温度は20~64℃に対応※4、外気温‐20℃でも運転可能
 ご要望の多い60℃前後はもちろん、低温域の温熱利用にも対応する新たな使用範囲を実現したことで、産業プロセス用のほか業務用、農事用での加温、および融雪用にも適用が可能。また、周囲温度条件についても、従来機よりさらに低外気温に運転範囲を拡大し、屋内、屋外設置の場合とも安心して使用可能。

3. 高い運転効率(COP3.4※5)により省エネルギーを実現
 開発機「CAONS140L」の高い運転効率(COP3.4)により、ボイラ蒸気による温水製造に比べ、約6割もの大幅な省エネルギー※6を実現。

  • ※1従来機
     東芝キヤリア株式会社が2012年に発売した「CAONS140」(加熱能力14kW、温水取出し温度範囲50~90℃)のことです。開発機「CAONS140L」発売後も販売を継続します。
  • ※2空気熱源循環加温ヒートポンプ「CAONS140L(カオンズ140エル)」
     「CAONS(カオンズ)」は、東芝キヤリアが販売する循環加温ヒートポンプを総称したネーミングです。「140」は加熱能力14.0kWを表し、「L」は従来機に比べLight(軽量)、Low temperature(低温域に対応)であることを表しています。
  • ※3工事費も含めた導入費用を低減
     一体構造としたため、2つの設備に分離している従来機(資料2 表1参照)と比べ、工事費用の低減が見込めます。本体価格が従来機より25%下がることと合わせ、導入費用が低減されます。
  • ※420~64℃に対応
     標準仕様は、温水取出し温度30~64℃に対応し、オプションの融雪仕様とした場合、外気温度5℃以下の条件で温水取出し温度20℃(下限)に対応します。
  • ※5COP3.4
     COPとは、成績係数(Coefficient Of Performance)ともいい、加熱機器などのエネルギー消費効率の目安として使われる係数のことで、COP=加熱能力(kW)/消費電力(kW)で定義されます。開発機「CAONS140L」のCOP3.4は温水入口59℃出口64℃、周囲温度25℃(相対湿度は70%)の条件における値で、このときに、電気入力の3.4倍の加熱能力を発揮することを意味します。
  • ※6約6割もの大幅な省エネルギー
     省エネルギーの効果は、一定の条件のもとで試算した結果です。(蒸気ボイラ式のシステム効率は50%とし、開発機「CAONS140L」を用いるシステムは屋内設置を想定して平均周囲温度25℃、補機の消費電力は含まない条件で試算。)実際のご使用状態によって導入効果は変動します。

お問い合わせ先

【製品に関するお問い合わせ先】
 東芝キヤリア株式会社 国内商品企画部 熱源企画担当     (044) 331-7414
 
【発表内容に関するお問い合わせ先】
 東芝キヤリア株式会社 広報室                                     (044) 331-7401
 中部電力株式会社 広報部 報道グループ                    (052) 961-3582
 関西電力株式会社 広報室 報道グループ                    (06) 7501-0242

資料1
 開発者・開発期間

1 開発者
  東芝キヤリア株式会社
  住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34
  取締役社長:近藤 弘和

  中部電力株式会社
  住所:名古屋市東区東新町1番地
  代表取締役社長:勝野 哲

  関西電力株式会社
  住所:大阪市北区中之島3丁目6番16号
  取締役社長:岩根 茂樹

2 開発期間
  平成27年9月~平成28年10月

資料2
 開発機「CAONS140L」の概要

1 外観

写真1
写真1 「CAONS140L」の外観
 
2 仕様
表1 開発機の主な仕様と従来機との比較
表1
 
3 開発のポイント
図1-a
図1 開発のポイント
 
4 運転範囲
 開発機「CAONS140L」は、加熱運転可能な外気温度範囲および温水取出し温度範囲を低温域に拡大しました。従来機「CAONS140」とともに空気熱源循環加温ヒートポンプの利用範囲を拡げます。
図2
図2 運転範囲
 
5 導入効果の試算例
 ガスボイラから開発機「CAONS140L」への更新の場合
図3,4
 図3 年間エネルギー消費量           図4  年間ランニングコスト
 
 [試算条件]
 ・ 機械工場の洗浄工程への適用で、温水出口(取出し)温度は64℃。屋内設置にて周囲温度25℃の
   性能が1年を通じて発揮されると想定しています。
 ・ 年間運転時間は3,840時間(平日のみ16時間/日)としています。
 ・ ガスボイラ方式のシステム効率は50%としています。補機の消費電力は考慮していません。
 ・ エネルギー消費量の換算には、電力は「エネルギーの使用の合理化に関する法律施行規則」の
   記載値を、都市ガスは各地域の都市ガス会社の公表する一般ガス供給約款の記載値をそれぞれ
   使用しています。
 ・ J(ジュール)はエネルギーの大きさを表す単位で、1GJ(ギガジュール)は109Jを意味します。
   1GJは約26リットルの原油のもつエネルギーに相当します。
 ・ ランニングコストは名古屋地区・大阪地区それぞれでの試算値を平均しています。

  ※ 実際のご使用状態によって導入効果は変動します。

プレスリリース記載の情報(商品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

このページのトップへ