ご使用のブラウザがJavaScriptの設定を無効、またはサポートしていない場合は正常に動作しないことがあります。

東芝キヤリア株式会社

プレスリリース

加熱性能強化型空冷ヒートポンプ式熱源機「HEATEDGE」が
「平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞

2017年12月05日

東芝キヤリア株式会社

 東芝キヤリア株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:近藤 弘和)は、東北電力株式会社(本社:宮城県仙台市、取締役社長:原田 宏哉、以下「東北電力」)と共同開発した、加熱性能強化型空冷ヒートポンプ式熱源機「HEATEDGE」(ヒートエッジ)について、環境省の「平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(技術開発・製品化部門)」を受賞し、2017年12月4日に表彰式が行われました。

 同表彰は、1998年度(平成10年度)から地球温暖化対策推進の一環として、毎年、地球温暖化防止月間である12月に、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人又は団体に対し、その功績をたたえるために行われているものです。当社における同表彰の受賞は、2013年度(平成25年度)※1以来、2回目となります。

 当社から2017年3月に発売開始して以来、優れた加熱性能が評価され、東北地方のお客様を中心に高い評価をいただいている「HEATEDGE」ですが、今回の受賞を機に、お客様のご期待に今まで以上にお応えできるよう、これからも地球温暖化に貢献する、高効率のヒートポンプシステムの開発に取り組んでいきます。
 

Alt
(敬称略・写真左から) 
東芝キヤリア 取締役社長 近藤弘和、環境省 とかしき副大臣、東北電力 阿部常務取締役お客さま本部長


<製品概要>
製品名:空冷ヒートポンプ式熱源機 HEATEDGE(ヒートエッジ)
型 式:RUA-UP511HF
定格加熱能力:180kW

<特  長>
・外気温0℃(乾球温度)において定格加熱能力を維持
・霜取運転中の加熱能力を標準タイプ(AIREDGE(エアーエッジ))の約3倍に向上
・外気温マイナス20℃において最高温水出口温度45℃を実現※2
製品の特長についてはプレスリリースを参照下さい。

<製品外観>
Alt

  • ※12013年度(平成25年度)の「空冷ヒートポンプ式モジュール型熱源機(ユニバーサルスマートX RUA-SPシリーズ)の開発」が技術開発・製品化部門で同表彰を受賞。
  • ※2風雪・周辺環境等の影響により、マイナス20℃以上の温度域においても性能を発揮できない場合があります。

お問い合わせ先

【発表内容に関する報道機関からのお問い合わせ先】
 東芝キヤリア株式会社 広報室 TEL:044-331-7401

【製品に関するお客さまからのお問い合わせ先】
 東芝キヤリア株式会社 国内商品企画部 熱源企画担当 TEL:044-331-7414

プレスリリース記載の情報(商品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

このページのトップへ