ご使用のブラウザがJavaScriptの設定を無効、またはサポートしていない場合は正常に動作しないことがあります。

東芝キヤリア株式会社

環境経営

環境創造企業として皆様とともに

東芝キヤリアグループは、ヒートポンプ技術を軸に、お客さまのさまざまなご要望に的確にお応えできる環境創造企業として、熱応用ソリューションによる最高品質の製品・サービスを提供します。それにより、社会ならびに地球環境に貢献し、グローバルに成長するヒートポンプソリューションカンパニーを目指します。「良き地球市民として」どうあるべきかを常に考えながら、企業の社会的責任(CSR)を果たすことを最重要視し、(1)人間社会と地球環境に貢献します (2)お客さまの声に忠実な事業活動を展開します (3)健全で透明な経営をします、この3点を経営理念としてあげ、日常業務の中でグループの社員への浸透を図っています。

leader
環境推進責任者
生産統括責任者
本橋 秀明

東芝キヤリアグループ環境基本方針

東芝キヤリアグループは、空調機器、給湯機器、換気扇、冷凍機、コンプレッサーなどの製品、およびそれらのシステムの開発・製造・販売・サービスを行う企業グループとして、環境調和型製品を社会へ提供すること、および環境負荷の低減に配慮した事業活動を通じて社会に貢献することを目指しています。そして、環境への取り組みを、企業経営の最重要課題の一つとして位置づけ、「東芝グループ理念体系」のもと、人と、地球の、明日のために豊かな価値の創造と地球との共生を図ります。脱炭素社会、循環型社会、自然共生社会をめざした環境経営により、持続可能な社会の実現に貢献し、新しい未来を始動させます。

事業と調和させた環境経営の推進

  1. 事業活動、製品・サービスに関わる環境側面について、生物多様性を含む環境への影響を評価し、環境負荷の低減に向けた環境目標を設定して、環境活動を推進します。
  2. 監査の実施や活動のレビューにより環境経営の継続的な改善を図ります。
  3. 環境に関する法令、当社が同意した業界の指針および自主基準などを遵守します。
  4. 従業員の環境意識をより高め、全員で取り組みます。
  5. グローバル企業として、東芝グループ一体となった環境活動を推進します。

事業活動での環境負荷低減と環境調和型製品・サービスの提供

  1. 地球資源の有限性を認識し、事業活動、製品・サービスの両面から有効な利用、活用を促進する積極的な環境施策を展開します。
  2. 製品のライフサイクルを通して環境負荷の低減に寄与する環境調和型製品・サービスを提供します。
  3. 設計、調達、製造、物流、販売、廃棄などすべての活動段階において、気候変動への対応、資源の有効活用、化学物質の管理などの環境負荷低減に向けた施策に取り組みます。
  4. 持続可能な社会の実現のため、社会に与える価値や意義を考え、将来を見据えた環境技術の開発に努めます。

ステークホルダーとの連携

  1. 地域・社会をはじめとするさまざまなステークホルダーと積極的なコミュニケーションを図り、連携した環境活動を推進します。

東芝キヤリアグループ環境未来ビジョン

東芝キヤリアグループは、2007年に東芝グループで策定した「環境ビジョン2050」おける「地球温暖化防止」「資源の有効利用」「化学物質管理」の3つの課題に取り組んできました。

2020年、新たに策定された「東芝グループ環境未来ビジョン2050」は、「豊かな価値の創造と地球との共生をめざした環境経営を通じて持続可能な社会の実現に貢献する」ことを目的とし、持続可能な社会、すなわち脱炭素社会・循環型社会・自然共生社会の実現をめざします。2050年のあるべき姿に向けて「気候変動への対応」「循環経済への対応」「生態系への配慮」の3分野への取り組みを推進していきます。

東芝グループ環境未来ビジョン2050

東芝グループ環境未来ビジョン2050 イメージ画像

SBT認定

東芝グループの2030年度に向けた温室効果ガス削減目標が、SBTイニシアチブからSBT認定を取得しました。
東芝グループの3つの温室効果ガス削減目標(すべて2019年度基準)

東芝キヤリアグループは、Scope1、2において、省エネ設備投資や再生可能エネルギーの活用により、Scope3においては省エネ技術による環境調和型製品の提供で、東芝グループの目標の達成に貢献します。

※世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分低く保つとともに、1.5℃に抑える努力を追求するために、企業が中長期的に設定する科学的根拠に基づいた温室効果ガス削減目標。SBTイニシアチブによって認定される。

SBT認定ロゴ

お問い合わせ

このページのトップへ